トップ    運動  馬油 ,産毛 お菓子好き 男性  皮膚科で治療 にきび予防 サイトマップ

背中にきび

背中ニキビの原因は、様々なものがあります。

肌の乾燥や睡眠不足などによる肌の調子が悪くなったところで、
ホルモンバランスが崩れて皮脂が多く分泌してしまい、肌の
ターンオーバーも乱れることで毛穴が詰まることで背中ニキビが
引き起こされます。

放っておくと悪化してしまい、化膿したりにきび跡に残って
しまうこともあります。

綺麗に治療したいという場合には、皮膚科などできちんと治療することがおすすめです。

ニキビも皮膚の炎症性疾患の一種ですので、病院で治療することができるようになっています。
病院で治療することによって、跡を残さずに綺麗に早く治すことができるというメリットがあります。

炎症

皮膚科での治療は様々なものがあります。
イオン導入は、ビタミンCなどのニキビに対して効果的な成分を肌の奥にまで届けることのできる治療方法です。

ビタミンCは皮脂の分泌を抑制する働きがあり、ニキビの改善や予防に役立ちます。
また、コラーゲンの生成を促すことで肌の乾燥などを防ぐことにもつながります。

ホルモンバランスが崩れているというときには、ホルモン治療を行うことができます。
男性ホルモンが多くなると皮脂の分泌が活発になるなどニキビができやすい状態になります。

そこで、女性ホルモンを含んだピルや、女性ホルモンに似た働きのするイソフラボンなどを
取り入れることでニキビの発生を抑えます。

この治療方法は、ニキビの出来る仕組みそのものに効果があるため、治療を終えた後でも
再発しにくいというメリットがあります。

綺麗に洗う他にも様々な治療方法がありますが、このような治療を行うことで綺麗に
背中のニキビは改善していくことができます。

ただし、肌の状態が悪いと再発してしまうということも考えられます。

それを避けるためにも、規則正しい生活でホルモンバランスを整え、栄養バランスのとれた食事をし、
入浴中は背中をきちんと洗って、入浴後にはスキンケアをするという予防も大切となります。

Copyright© 2010-2015背中ニキビ All Rights Reserved.