トップ    運動  馬油 ,産毛 お菓子好き 男性  皮膚科で治療 にきび予防 サイトマップ

背中にきび

 

皮膚科で処方された薬を塗ってもなかなか背中ニキビが治らない場合や
何度も背中ニキビができてしまう場合、普段の食生活が原因で
ニキビができてしまっている可能性があります。

甘いもの

お菓子好きな人は背中ニキビができやすいという特徴があります。

なぜお菓子好きは背中ニキビができやすいのかということですが、
甘いお菓子にはたくさんの砂糖が含まれています。

砂糖を口から入れた場合、体は砂糖を分解しようとします。

そして、砂糖を分解する時に必要となるのがビタミンB1とカルシウムです。
ビタミンB1には皮脂の分泌を抑制するという働きがあるため、背中ニキビ治療には欠かせない栄養素です。

砂糖を摂り過ぎると体内のビタミンB1がどんどん消費されてしまいますし、体内のビタミンB1が不足してしまいます。
結果として皮脂の分泌量をコントロールすることができなくなりますし、背中ニキビが悪化してしまうことになります。

背中はもともと皮脂の分泌量が多いのですが、お菓子を食べてしまうとさらに皮脂の分泌量が多くなってしまいます。

また、白砂糖をとると血糖値が上昇するため、インスリンというホルモンが体内に分泌されます。

このホルモンには血糖値を下げる効果がありますが、砂糖をたくさん摂取するとインスリンの分泌量が
過剰になってしまいます。

皮脂の分泌インスリンの分泌量が過剰になると血糖値が下がり過ぎてしまうため、今度は血糖値を上昇させる働きのある
アドレナリンが分泌されることになります。

しかし、アドレナリンは皮脂の分泌を促す働きもあるため、背中ニキビ治療に悪影響を及ぼすでしょう。

お菓子好きな人が背中ニキビ治療をしたいという場合、まずは砂糖の摂取量を減らすことが大切です。

完全にお菓子をやめることは難しいかもしれませんが、普段からお菓子を食べ過ぎている場合は
少し減らすことを心がけましょう。

いきなりやめようとするとストレスが溜まってしまうこともあります。

ストレスも背中ニキビを悪化させる原因となりますし、頑張った時のご褒美として
少しお菓子を食べる程度なら良いでしょう。

Copyright© 2010-2015背中ニキビ All Rights Reserved.